若手リーマンとオタク看護師の同棲カップル生活

サラリーマン紀夫(2年目)と看護師紀子(オタク)の同棲カップルブログ。

紀子の趣味①歌

こんにちは、紀子です。
ほとんど趣味のことしか書いていないですが、今回もその路線で(笑)

もともと自分の気持ちを言葉で伝えるのが苦手で、紀夫と喧嘩した時も、泣くばかりで、言葉が出てこないことが多いです。
でも、そんなときに自分の気持ちに合った歌を聞くと、メロディと歌詞がすうっと入ってきて、気持ちが少し楽になります。気持ちに合いすぎると涙が出てくることも(笑)

聞くことも好きですが、歌うことはもっと好きです。
歌は、好きなメロディに合わせて、自分の気持ちを歌詞として乗せることで、自分の気持ちを表現できますよね。
ここ10年は、月に1回ヒトカラでおもいっきり歌って、自分の気持ちを発散させています。紀子のいちばんのストレス発散方法です。
最近はなかなか行くことができないので、ストレスが決壊寸前です!!(笑)

そんな中、紀子は3年前からボイトレに通っています。
紀子は、自分の好きなことが何なのか、よくわからず生きてきました。本当に。
歌うことは好きだけれど、ただそれだけ。他にも好きなことややってみたいことはいくつかあったけど、全部中途半端。
ただ仕事をして家に帰って。何をするでもなく、なんとなく生きていました。
そんな中、私には何があるのだろうと、ふと考えたとき、私は歌うことが一番好きなんだよなぁと思いました。

そこからすぐ県内のスクールを調べて、体験→すぐ入会。
ボイトレを始めた理由として、好きなことをもっと極めたかったからと、自分の好きなことに正直に向き合いたかったから。そして、好きなことを、自己満足だけではなく、もっと外に放出できたら、何かが変わるんじゃないかと思ったことが大きいです。
月に45分のコースを2回。1時間半という短い時間ですが、お月謝も馬鹿にはできません。でも紀子は、通い始めて本当に良かったと思っています。

一番は、歌の先生に習うことができること。
実はヒトカラで何度もストレスを発散してきただけじゃありません。その度に自分の歌を研究していました。
でも、いつもうまく表現できないもどかしさがあって、なかなか前に進めませんでした。
しかし、講師の先生はそれを一瞬で解決してくれたのです。先生の言葉すべてがしっくりきて、そういうことだったんだ!!という発見と学びをたくさんさせていただいています。
3年経った今でもそれは変わらず、ボイトレの後は、今習ったことを復習したい(ヒトカラがしたい)!!とやる気に満ち溢れます。

コロナが流行する前、月に一度、スクール内でミニライブが開催されていました。
友達でも知り合いでもない人前で自分の歌を披露することは初めてで、とても勇気がいりました。
でもこれも人生経験、良い機会だ!と一歩踏み出してみることに。
はじめは緊張しすぎて、自分の気持ちを乗せるどころではなかったです。(笑)
でも、人前で歌うことの緊張感と楽しさを覚えてからは、ほとんど毎回参加していました(笑)
今は開催を見送られていますが、私にとってはとってもいい機会なので、落ち着いたら是非また参加したいです。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
自分の好きなことで視野をもう少し広げてみると、新しい発見がたくさん転がっています。
一歩踏み出して、輝く自分と出会ってみては。

それではまた!